避妊薬の避妊効果

日本ではコンドームでの避妊方法が多いですが、避妊薬の方が避妊効果は高いといわれています。当サイトでは、避妊薬の正しい服用方法や様々なメリットなどを紹介いたします。

避妊薬ってどんなもの?

避妊薬とは、いわゆる性交を行なった場合でも赤ちゃんが出来ないようにするための薬です。
このような説明だけを聞くと抵抗を感じる人がいるかもしれませんが、望まれない妊娠や中絶を避けるための手段として、こういった薬を飲むことは有効な方法だとも言えるでしょう。
また、避妊薬と言っても様々な種類のものがあります。
例えば、よく知られているものは低用量ピルというものであり、これは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの二種類のホルモンが含まれている混合ホルモン剤とも呼ばれている種類の薬です。
これは排卵を抑えることで妊娠を防ぐ効果があります。
また、子宮頚管の粘液を変化させることで精子の侵入を拒んだりすることも出来ます。
ほかにも、子宮の中を変化させることで、受精卵を着床しにくくしたり、といった効果もあるのが特徴だと言えます。
ピルの服用をやめることで、身体は自然とふつうの月経周期に戻っていくので、月経不順の人がピルを飲んで正常な月経を促すこともあります。
また、月経前症候群を和らげてくれたり、月経痛を楽にする、または血の量を少なくするといった効果も見られます。
よくピルには副作用があると思われがちですが、近年ではほとんど副作用が現れないように改善されています。
また、薬の種類も豊富になっており、その人に合った薬をきちんと服用することで、日常的に飲んでも私生活に支障が出ないように対応することも出来ます。
また、ピルのほとんどは性交の前や毎日飲むことが前提だという認識が多いですが、アフターピルと呼ばれる性交後に飲んで避妊するための薬もあります。
そのため、万が一のためにもアフターピルを常備しておくのも良いでしょう。
気を付けなければならないのは、避妊薬を飲めば必ず避妊できるというわけではないということです。
ただ、避妊する上では利用しておいた方が良いという意識で、薬を飲むことも大切です。
また、ピルは薬なので副作用が生じたり、服用を禁止されていたり、避けた方が良い人もいます。
避妊薬を手に入れる際には、信頼できる医師に診てもらうことが大切です。
薬の処方だけであれば保険が適用しないこともありますが、検査などは保険が利く場合もあります。
身体を見てもらい、自分に合った薬を知ったり、探すためには出来るだけ専門家の意見を聞くようにしましょう。
また、処方された薬の決まりや用法、用量をきちんと守った上で薬を飲むことが、避妊薬を利用する上で最も重要なことだと言えます。

<ピルについて詳しく知りたいのならココ>
ピルで激しい生理痛にも効果あり